本文へ移動

高精度冷媒回収装置

エジェクターを利用した2段圧縮方式による高精度(高真空度)冷媒回収装置

[ 高精度冷媒回収装置 フローシート ]
フローシート

内容説明書

【1】市販機(冷媒回収機)の欠点を改良した点

1)圧縮機の過熱運転抑制
真空領域に於いては(特に高真空領域▲300 mmHg以下) 各社の回収機は圧縮機(主にレシプロ)が過熱して故障が多発します。
〈改良点〉
エジェクターの噴射流体(冷媒)により、高段側圧縮機の吸入圧力を高く設定出来る(大気圧程度)ため圧縮比が小さくなり、過熱運転を抑制すると共に、同じ流体で冷却も行う。

2)低圧圧力開閉器(圧縮機保護)の必要性
各社の回収機(一部の機種を除く)には低圧圧力開閉器が内蔵されており、回収完了前に、回収機が停止し回収時間がかかる、又回収率低下した。
〈改良点〉
長時間真空領域での回収を可能にした。 長時間回収機吸入バルブを閉栓運転(真空運転)も同時に可能となり、現場では、回収機を停止することなく、使用できるため、回収時間が短縮され、回収率が非常に向上した。

3)潤滑油の劣化及び減少抑制
真空領域に於いては一般的に潤滑油は高温になるため劣化し易い、又、潤滑油が減少傾向にある。
〈改良点〉
本機のエジェクターはオイルレスであり、 メンテナンスフリーを可能にした。

4)真空到達度向上
現在の回収機では、真空▲400 mmHg前後が限界であり、 ホース抵抗等を考えると、装置内の真空到達度が向上しない。
〈改良点〉
真空到達度を最高▲700 mmHg程度まで可能にした。 尚、冷媒回収作業に於いて▲600 mmHg程度で充分と思われる。

【2】法的問題の解決

従来のブースターポンプ方式では、耐圧面でも重量的にも問題が多くありましたが、本機エジェクターは小型で軽量の上、配管接手類と同等の扱いとなるため、通産省告示第139号にも合致します。

【3】欠点

1)理論成績係数は悪いが実際の使用上に於いて 有限量の冷媒を回収する場合ですから、従来のブースターポンプ方式よりもはるかに省力であり、電力使用量も少しの損失のみと判断できる。

2)自動制御に少し精度が必要

イ)空冷式冷媒回収機の場合回収冷媒の液面制御が必要
ロ)低段側圧縮機(エジェクター)作動開始タイミング
ハ)エジェクター定圧噴射圧力の調整

*現在ほぼ100%の解決をみている。

【4】稼働実績

1)同型機合計7台を保有し延べ数百時間(過去3年間)の冷媒回収に使用したが、未だ故障などもなく、優秀な成績である。

2)冷媒回収に伴う回収実績も数十トンを超え(3ヶ年)、平成11年度の近畿地区に於いては冷媒回収などの実績では第2位として、近畿冷凍空調工業会様より表彰されました。

3)現在もほぼ毎日のように冷媒回収を実施しておりますが、本回収機に於いて特に不便を感じる点はありません。

【5】おわりに

エジェクターの選定と製作、高段側圧縮機とのマッチングに多少の難度はあるが、調整完了後は一切の調整が不要であり、運用面では省力である。皆様が本方式を採用されまして、少しでも地球環境保護に役立つことが出来ましたら筆者としても、又我社としも大きな幸と思います。

技研サービス株式会社
本社事務所
〒533-0033
大阪市東淀川区東中島1-9-7

 


大阪営業所
〒570-0003
大阪府守口市大日町1-15-4
TEL 06-6906-3100(代)
FAX 06-6906-1900


九州営業所
〒811-2301
福岡県糟屋郡
粕屋町大字上大隈420-1
TEL 092-938-7131(代)
FAX 092-938-7401


四国営業所
〒791-3134
愛媛県伊予郡
松前町西古泉276-3
TEL 089-985-2892(代)
FAX 089-985-0629


北陸営業所
〒920-0211
石川県金沢市湊2-177-1
TEL 076-255-6404(代)
FAX 076-255-6405


中国営業所
〒731-5109
広島県広島市佐伯区石内北5-4-8
TEL 082-941-7071(代)
FAX 082-941-7072


1.冷暖房機器及び空気調和機器の
  保守サービス業及びメンテナンス
2.上記に関係する一切の業務


 

1
1
8
2
5
1
TOPへ戻る